調停分割

相続は、被相続人が遺言書を書いていない場合には、法定相続人が持分に応じて遺産を受け取るという形になります。しかし、遺産のすべてが現金であるというケースはほとんどなく、基本的には不動産や骨董品、株などの価値がはっきりしないものも遺産に含まれていることが多いですので、何を誰が相続するかということで争いに発展することも珍しくありません。この場合、相続人同士で話し合いができれば協議分割で終わることも可能ですが、話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所の判断を仰ぐ、調停分割を行うこともあります。これは、裁判所に調停の申立てをして、相続人がそれぞれ自分の主張を裁判所で行うというものです。裁判官の他に調停委員も参加し、それぞれの意向を汲み取って、スムーズにいくと考えられる分割案を提示して相続人を説得するという流れになっています。ここで相続人がどうしても納得いかない場合には、審判や訴訟に移行することになりますので、結果的に裁判所が最終決定を下し、それに従わざるを得ないということになります。換価価値は大きくなくても思い入れのある遺産があったり、相続人間の感情などもありますので、この手続きの利用者は多いです。

コメント

コメントを受け付けておりません。