指定分割

「指定分割」は、亡くなった人(被相続人)が遺言によって具体的に遺産分割の方法を指定した場合に、その内容に即して遺産を分割することをいいます。
民法には「法定相続分」の規定があり、例えば配偶者と子の2人が相続人である場合には、配偶者2分の1、子2分の1というように遺産を相続する割合があらかじめ決められていますが、遺言を作成することによって、この法定相続分とは異なる割合での相続分を定めることができます。
例えば、「妻Aに全財産の三分の二を相続させる」「長男Bに全財産の三分の一を相続させる」のように、それぞれの相続人ごとに相続分を指定しておく方法です。
また、「妻Aに居住家屋を相続させる」「長男Bに預貯金一切を相続させる」のように、具体的に遺産の分割方法を指定することもでき、この場合は内容に従い、妻は居宅家屋、長男は預貯金を相続することになります。
また、「遺産分割の方法を定めることをCに委託する」のように、遺産分割の方法を第三者に委託することも民法上認められており、このような内容があった場合には、相続人はその第三者の分割方法に従わなければなりません。
ただし、どの遺産を誰が相続するかという遺産分割の方法のみを委託している場合には、それぞれの相続人の法定相続分までを覆すような分け方をすることはできません。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。