審判分割

遺産分割の方法にはいくつかの方法がありますが、相続人同士での話し合いがまとまらないときには、家庭裁判所で調停の申立てをするのが一般的な流れです。そもそも、遺言書がない場合には相続人は持分だけは法律で定められていますが、遺産が現金だけでなく、不動産なども含まれている場合には、誰がどの遺産を受け取るかでもめることは珍しくありません。そのため、裁判所内で裁判官や調停委員に自分が何を相続したいかという希望を話し、裁判官はそれにしたがって、適切と思われる分割案を提示するという流れです。しかし、これでも話し合いが上手くまとまらない場合には、審判分割というものに移行します。これは、訴訟で言うところの判決と同じような効力をもっているもので、相続人の希望に関わらず、裁判官が分割内容を決定することです。この手続きにより、相続人全員が満足する結果になるとは限りませんが、遺産争いは一応決着の形を見ることになります。この書類は遺産分割協議書などと同じで、不動産登記をするときなどにも有効な書類ですので、不動産を相続するときには必ず司法書士に預けるようにしましょう。紛失した場合には、交付請求をすることで再発行も可能です。

コメント

コメントを受け付けておりません。