協議分割

遺産分割にはいろいろなパターンがありますが、基本的には相続人が法定相続分に応じた割合の遺産を受け取るという形になっています。しかし、例え法定相続分と持分が変わることになっても、遺言書があったとしても、共同相続人全員が納得する遺産分割であれば、それが最も有効になります。これを協議分割といい、相続人全員が話し合って、誰がどの遺産を譲り受けるかということを書面にして、実印を押印します。これを相続人全員の枚数分作成して、それぞれが一部ずつもっておくと、不動産の相続の登記を入れたり預貯金を解約するときに、相続人全員が手続きに参加する必要なく、遺産を受け取る予定の人だけが動けばよいということになります。ただし、不動産の登記をする場合には、この遺産分割協議書の他に、相続人全員が三ヶ月以内に取り寄せた印鑑証明書を添付しなければなりませんので、そのときは協力してもらう必要があります。なお、預金の解約等は遺産分割協議書に、解約手続き等を行う代表者を指定する旨の記載がなければ、一人で手続きができないケースもありますので注意が必要です。協議書を作成するときには司法書士などの専門家に相談したほうが良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。