換価分割

相続が発生した際にトラブルを招きやすい財産が土地や建物などの不動産です。預貯金や現金などは相続人全員に分割することが簡単にできますが、不動産を適正に分割するのはかなり難しいことです。
そのような分割することが難しい遺産を、相続人全員に適正に分割する方法の一つが換価分割です。これは不動産などの遺産の一部もしくは全部を売却し、その売却で得たお金を相続人全員で分割する方法です。
残された子どもたちだけで実家の不動産を相続するケースで具体的に考えてみますと、まずこの不動産を相続人全員の共有物として相続し、全員が売り主となって不動産を売却します。そして売却後に手数料などを差し引いて残った代金を、法定相続分にしたがって分割するのです。ただしこの方法ですと売却に関するさまざまな手続きをおこなう際に、相続人である子ども達全員がそろうことが必要になり、費用も手間もかかってしまいがちです。そこで相続人である子ども達のうちの一人が代表して不動産を相続して登記し、、その後売却して得た代金を分割するという方法もよくとられます。いずれの方法を採用するにしても、後のトラブルを招かないためには遺産分割協議書を作成し、売却費用の分担額や売却代金の分配についてきちんと定めておくことが必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。