遺産分割の種類

遺産を相続をする人(相続人)が一人しかいない場合は、遺産はすべてその人に受け継がれますが、相続人が複数いる場合には、遺産をそれぞれの相続人に分割する必要が生じます。この遺産分割の種類には、大きく分けて次の4つがあります。
「指定分割」は、亡くなった人(被相続人)が遺言によって具体的に遺産の分割方法などを指定している場合に、この遺言の内容にしたがって遺産を分割することをいいます。
「協議分割」は、複数いる相続人の全員が参加して、その協議により遺産をどのように分割するかを決定するものです。通常は後日の証拠として遺産分割の内容を記した「遺産分割協議書」という書類を作成し、相続人全員が署名・捺印します。
「調停分割」は、分割協議がまとまらなかった場合に、家庭裁判所に調停を申し立てて遺産分割の内容を決めることです。この場合、調停委員又は家事審判官が当事者の間での話し合いをあっせんし、調停が成立すれば「調停調書」という書類が作成されます。
「審判分割」は、遺産分割調停によっても当事者間の合意ができなかった場合に、家庭裁判所に審判を申し立てて遺産分割の内容を決めることいいます。この場合は、家庭裁判所の審判官が、民法の規定にしたがって遺産分割を行います。

コメント

コメントを受け付けておりません。