遺産分割の方法

被相続人が亡くなって時に遺産があった場合は、相続人の間で遺産相続が行われます。遺産分割協議を行う上で、遺産が預貯金だけであれば法定相続分に応じた分割が容易にできますが、遺産が被相続人の住んでいた家や土地であった場合は分割することが困難になるケースもあります。

従って、遺産分割協議においては、すべての遺産を法定相続分通りに分け合うことにこだわらず、様々な分割の処理方法を選択することが必要になります。そこで、主に行われている遺産分割が以下の方法です。

・現物分割
遺産をそのままの形で相続分に応じて分割する方法です。例えば、一定の面積の土地を相続人の持分に応じて分筆することや、不動産は相続人Aが相続し、預貯金などは相続人Bが相続するというように分割します。

・換価分割
不動産のように現物をそのまま分割することができないような場合には、遺産を売却して金銭に換え、換価した金銭を相続分に応じて分割します。

・代償分割
遺産を分割すること自体が適当ではない場合、ある相続人が全ての遺産を相続し、その代わりに、他の相続人に対して相続分に応じた金銭を支払います。特定の相続人が被相続人の家に住んだり、被相続人の事業を継いだりする時などに利用されます。代償分割をする場合は贈与税が課税されないように、その事を遺産分割協議書に記載する事が必須です。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。