現物分割

相続自体は、遺産分割協議相続人に当てはまる者の全員の同意がなければできません。ですので遺産協議の場において、どうやって遺産を分けたらいいのか困る場合も多く、また方法でもめることも多いです。せめて被相続人の遺言があればいいのですが、急な場合には、必ずしも遺言状が作成されいるとは限らないので、いっそう遺産分割が難しくなります。また相続できる財産が、現金などであれば、比較的分けやすいですが、不動産しかない場合には、単独相続か共有か、あるいは売却後現金にしてを分けるのなどたくさんの選択肢が出てきます。その遺産の分割方法ですが、大きく分けて3つの方法がありますが、その中のひとつに現物分割があります。この分割方法は、遺産相続では比較的によく行われる分割方法で、相続財産をひとつひとつ、どれをだれが相続するのか分けていく方法です。つまり例えば土地は兄、預貯金は弟にといった具合です。方法そのものは簡単ですので、それぞれが納得できればスムーズに遺産の相続が終了できるというメリットがあります。ですが、やはり相続した財産の価値に不公平が生じますと、受け取った側に不満が出ますので、すんなりとはいかなくなるというデメリットもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。