代償分割

被相続人が亡くなるとその時点で相続が開始され、そして、相続人の間で遺産分割が行われます。遺産が現金や株式などであれば、相続割合分での分割が速やかに行えますが、土地や建物などの場合は分割すること自体に問題が発生することが少なくありません。例えば、不動産を相続分の割合で共有にしてしまうと、後々売却や賃貸をする時に、相続人の間で意見が合わずに話が進められなくなったり、権利者が多いことを嫌って購入希望者が二の足を踏んだりすることが起きかねません。

そこで、遺産が不動産のような場合は、ある相続人にその不動産を相続させる代わりに、他の相続人に対して相続割合分に相当する金銭を支払う方法がよく行われます。このように、共同相続人の内一人または数人が遺産を取得し、他の共同相続人に代償金を支払う債務を負わせる方法を「代償分割」と言います。

また、遺産を相続するには金融機関などとの手続に手間が掛かるため、相続者が遠方に住んでいたり、相続者の数が多かったりすると、一人の相続人がまとめて処理する時に利用されることも間々あります。

ただし、注意の必要なのが「贈与税」です。つまり、代償金の支払いが単なる贈与と看做されると受け取った人に贈与税が課せられます。従って、遺産分割協議書に代償金としての支払いであることを記述しておくことが絶対に必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。